【整体師からステップアップした経験談】あん摩マッサージ指圧師のメリット

体験談

セラピスト<br>
セラピスト

マッサージの仕事って、免許無しでもできますよね。

そんな状況で、あん摩マッサージ指圧師の国家資格をわざわざ取るのって、メリットあるんですか?

ニワ
ニワ

そうそう。

現状、行政の怠慢で無免許でもおとがめなしです。

今回はあん摩マッサージ指圧師のメリットをお話しします。

こんにちは。

整体・リラクゼーション業歴20年のあん摩マッサージ指圧師のニワです。

まずは結論から。

メリットは、健康保険での訪問マッサージ業で働けることだけです。

ニワ
ニワ

でもね、柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の業界の中では、

健康保険での訪問マッサージで働けるという事が

ものすごく大きなメリットなんです。

セラピスト
セラピスト

そういえば、近所の要介護のおばあちゃんに、

訪問でマッサージ師さんが来ていたなぁ。

ニワ
ニワ

そう、それです。

健康保険での訪問マッサージ業界は、超高齢化社会なので対象患者さんが沢山います。

健康保険適用で1割〜3割負担で施術をうけれて、患者さんの負担も少なく済むので、定期訪問で長いお付き合いになります。

なので、マッサージ師の方も収入が安定します。

患者さんの負担が健康保険適用で1割です。1回400円くらいです。

(高齢者でもお金持ちは3割負担)

1回の施術時間が20分〜30分。

例えば、週3回施術で月に12回施術です。

12回✖️4000円=48000円があん摩マッサージ指圧師の収入になります。

ですので、経営側としては継続して安定収入が得られます。

しかも、訪問専門なので経費がかからないです。

経費は、自分の部屋、電話、ファックス、パソコン、プリンター、移動手段の車くらいです。

(東京の場合、移動はスクーターや自転車)

柔道整復師さんは接骨院を開業するのに、ものすごく経費がかかります。

それに、柔道整復師は急性のケガのみ保険適用なので、患者さんは少ないです。

(接骨院で、慢性的な腰痛、肩こり、神経痛などに保険を使っていたら詐欺行為です)

以前在籍していた訪問マッサージの会社では、三つの国家資格(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師)を所持して、接骨院を自分で開業していた先生が、自院を廃業して3人も転職してきました。

三つの国家資格(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師)を持っている先生でも、一番役に立つのが、あん摩マッサージ指圧師だと考えて、訪問マッサージ業をやっている先生が多いです。

柔道整復師・鍼灸師専科は養成学校はたくさんあります。

免許保持者が多数いて、ライバルが多いです。

⚫︎柔道整復師はいわゆる接骨院の先生→同業者多すぎる。急性のケガのみ保険適用。設備投資がかかりすぎる。

⚫︎鍼灸師→治せるかどうかのみの勝負。健康保険で訪問鍼灸があるが、医師の同意書はなかなか書いてくれない。

⚫︎あん摩マッサージ指圧師→超高齢化社会なので対象患者さんがたくさんいる。健康保険の訪問マッサージに必要な医師の同意書は、ほぼ書いてくれる。

あん摩マッサージ指圧師は養成学校が限られているので、免許保持者が少ないです。

現状、超高齢化社会の中で、あん摩マッサージ指圧師の供給が足りていないです。

会社に雇われて正社員でも働けるし、業務委託での求人もあります。

正社員雇用で仕事を探しても、50歳くらいまで求人あります。

(以前在籍していた大阪の訪問マッサージの会社では50代後半の方が正社員で転職してきました)

マッサージ業界では、正社員で休みが多いって珍しいです。

ですが、訪問マッサージの会社の多くが、週休2日制を導入しています。

訪問マッサージの会社は残業も無いです。

無免許整体師、リラクゼーションセラピストからのステップアップで、あん摩マッサージ指圧師を取りにくる人もたくさんいます。

ご自身が大黒柱で、一生、手技療法の仕事をするならば、あん摩マッサージ指圧師の免許は必須です。

健康保険でな訪問マッサージ業界なら、正社員で働けて安定収入が得られます。

訪問マッサージの仕事を、業務委託で受けながら自分でも治療院をやっている先生もいます。

働き口がひろがり、人生が安定します。

タイトルとURLをコピーしました