【体験談】③へたくそな指圧マッサージの上達法【クレームを減らす】

体験談
新人さん<br>
新人さん

会社の研修も終わり、店舗で仕事がはじまりました。

施術後のお客様があまり満足してなさそうな雰囲気でした。

ちょっとへこみました。

筆者<br>
筆者

それは初心者だからしょうがないよ。

人数をこなせば自然と上達していくよ。

指圧と揉捏(もむ)をミックスしてますか?

その割合はどう?

こんにちは。整体・リラクゼーション業歴20年のニワです。

マッサージのクレームって嫌ですよね。

セラピストのメンタルが壊れます。

いきなり結論ですが、指圧(押す)、揉捏(もむ)の割合を調整することでクレームは減らせます。

どちらかにかたより過ぎていると、クレームになりやすいです。

最近は、全国どこでも気軽にマッサージ(リラクゼーション・ボディケア)を受けられるようになりました。

いろいろなお客様がいて、セラピストによって手技が違うと理解しているお客様ばかりならセラピストも苦労しないです。

一方で、お客様自身がいつも受け慣れているマッサージ以外は、下手くそだというお客様もいます。

例えば、いつも指圧を受けているなら、指圧じゃないとダメ。

揉捏(もみもみ)系マッサージいつも受けているなら、モミモミじゃないとダメ。

ですので、セラピストができるクレーム対策は、指圧と揉捏をミックスして施術をすることです。

あとは、その割合を調整すれば、クレームは減らせます。

もっともクレームの出るパターンは指圧だけの施術、揉捏だけの施術です。

リラクゼーション系の会社の研修では、ミックスして教えているので上手くやっていますよね。

店舗のセラピスト全員が指圧中心の手技で施術しているなら、指圧にかたよっても大丈夫です。

指圧の方が効果あるからと指圧のみで施術したいなら、お客様にわかるように指圧の看板をかかげいる店舗で働いた方がいいです。

さらにお客様の満足度をあげたいなら、ストレッチや簡単な運動(下肢の屈曲伸展など)を入れましょう。

同僚が、指圧と揉捏だけの施術をしているならば、あなたは指圧、揉捏、ストレッチ、簡単な運動を施術しましょう。

それだけで、お客様の印象はかなりアップします。

ストレッチ、簡単な運動の効果あるなしは別の話として、お客様はプラスαを施術してもらえたら、心理的に嬉しいからです。

何かに例えると、イチゴのショートケーキを売っているお店が2軒あります。

味はほぼ同レベルです。

でも、片方のお店のショートケーキの方がイチゴが大きいです。

そしたら、あなたはイチゴの大きなお店のショートケーキを買いますよね?

それと同じです。

お客様の心理ってそんなものです。

タイトルとURLをコピーしました